読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CaseFile/VFX

特撮ヒーローその他もろもろ 僕が思ったことを書いていきます

仮面ライダークウガという作品に思うこと

こんにちは、コロんビアです
今回は未だ語り継がれる異色作「仮面ライダークウガ」について語ろうかなと


仮面ライダークウガという呪縛

僕自身クウガは大好きですし子供の頃からテープが擦りきれるくらいに見返してますが、でも上の記事は些か「仮面ライダークウガ」という作品を過大評価しすぎているんじゃないかと思うんですよね

確かにクウガは一話一話の完成度はとても高いんですが、作品全体として見たとき「?」となる部分が多い
なのでクウガを越える作品を見たことがない」
仮面ライダークウガという作品の完成度はほぼ完璧だと感じている」

みたいな意見を見るとう~んとなっちゃうんですよね

まずクウガは後半にかけてですが息抜きできるようなシーンが殆ど無くなっちゃうんですよね
常に重苦しい雰囲気で内容自体も後半につれて説教臭くなっていくのでとても乗り辛い
お話がビターエンドで締まることが多いのもどうかと思います
毎回重くて説教臭い話を持ってこられても視聴者は疲れるだけなんですよね、どこかで息抜きをさせてくれた方がシリアスパートも締まりますし、ハッピーエンドの話を中心にやって「愛憎」のような救いの無い話を持ってきた方が視聴者の印象にも残ります


五代雄介というキャラクターも演技力で誤魔化されていますが、いまいち掘り下げが浅かったですね、12話にしてやっとそのバックホーンが見えてきたんですが、戦う動機としてはあれだけでは足りないと思います
やはり主人公は特にキャラクターを掘り下げるべきだと思うんですが、クウガは五代くんより他の登場人物の方が掘り下げられていたかなと
それでも前半は「皆の笑顔を守りたい」という信念に基づいてヒーローをやっていて好感が持てました、ですが後半は異常に説教臭くーなり、どうかと思う言葉も増えたんですよね

「さっきから五代さんの言ってること、綺麗事ばっかりやんか!」
「うっ……そうだよ、でも。だからこそ現実にしたいじゃない、本当は綺麗事が一番いいんだもん」

確かに良い言葉ですし言ってることは間違ってないですが
それは先生を殺された人に言う言葉なのか?
って思うんですよね
間違ってないことが正しいとは限らないし正しいことが間違ってないとは限らない、
上の言葉はまさにそれで五代くんは現実と向き合うのではなく現実から逃げているように感じてしまいます
ヒーローものである以上、現実から逃げろというような言葉はどうかと思います、正直理想論ばかりを振りかざすのは好きではありません
辛いことがあったからこそ現実と向き合って少しずつ立ち直っていくように助言した方が良いと思います、五代くんの言葉は「助言」ではなく「説教」でしかないので説得力はあまり無いです

あとこの番組はご親切に場所や時間を字幕で表示してくれますが、それが逆にこの番組の粗に対しての言い訳になってたんじゃないかと……
例えば6話から7話にかけて時間が3週間も飛んで8号から13号のグロンギを倒した事になってましたが、それを杉田刑事の一言と新聞でさらっと済ませてしまうのは不親切だと思います
子供向けである以上はそういう大事な所はキチッと説明するべきというか作品作りの基本なんですよね
そこら辺は考察してくださいってことなんでしょうが、子供は考察なんてしないし、こういうことはナレーションでも何でもいいから視聴者に分からせる事が重要かなぁと

殺人シーンも確かにリアルで印象に残るものは多いので、そこは素直に評価出来るんですが、一般市民がどんどん殺されるのに対して登場人物が殺されたり狙われたりしないのは、正直「命を軽く扱ってるんじゃないか?」という印象を受けます
僕は一般市民が殺されるシーンよりも桜子さんがバズーに殺されそうになるシーンの方が遥かに緊張感を感じました
登場人物が死なないのはやっぱりこういう方向の作品としてはマイナスかなぁと、一回でも登場人物が殺されていたら五代くんの戦う動機に厚みが増し、キャラクターにも深みが出たと思います

あとコレはこの番組の最大の問題点…
何度も言いましたが五代雄介というキャラクターの掘り下げが出来ていないこと…
五代くんが戦う理由は皆の笑顔を守りたいから
では何故、皆の笑顔を守りたいのか?

この部分の言及が決定的に足りないが為に、五代くんが何を信条としていて、どんな過去を持っているのかが見えてこず、ヒーロー番組としての説得力に欠けてしまうんですよね
皆の笑顔を守りたい理由は恐らく小さい頃に神崎先生の言葉を聞いて感銘を受けたためと思われますが、それ以外の言及が殆ど無いため、「皆の笑顔を守らなきゃ」という強迫観念を自分に押し付けて使命感で戦っていると思われます

つまりその作品におけるヒーロー像を確立できていない
ドラマパートに力を入れるのは構わないのですが、それはヒーロー番組としての土台の上に成立するもので、その土台がきちんとしていない内は何をしても意味がないと思うんですよね



f:id:blagel2000garo:20170413130323j:plain





不満たらたら言ってきましたが僕はクウガという作品は大好きですし、1クール目は平成ライダーでもトップクラスの出来だと思っています。
リアリティに溢れながらもシリアスとコメディのバランスが絶妙で説教臭くなくハッピーエンドで終わり、程よく燃えられて程よく緊張できて程よく息抜きできてと本当にバランスが良く
娯楽番組としても刑事ものとしてもヒーローものとしても良く出来てたのが1クールかなぁと
後半は娯楽性を完全に捨てたせいで残念な事になりましたが

トーリー   C
ドラマ     D
キャラクター  D

アクション   A
デザイン    A
BGM      S
役者の演技   S

総合評価    C


要は娯楽性とメッセージ性、ドラマ性などのバランスが重要なんですが、クウガ後半は「どれかが欠けたら他のものもダメになる」を地で行ったという印象です
総合評価としては「名作になれた佳作」ですね

長く駄文にお付き合いいただきありがとうございました
後日、加筆修正をするかもしれません